(株)トータルハード マネジメント サービス

質問コーナーQ&A

お問合せ

トップページ > 事業のご案内 > 第四胃変位手術

事業のご案内

第四胃変位手術

 当社では立位右膁部切開大網固定法という術式でおこないます。

つまり「牛を立たせたまま」「右側の肋骨の後の三角形に凹んだところを切開」「四胃ではなく四胃に付着している大網という脂肪組織を縫合固定」するという意味です。

手術時間は切開~縫合終了まで慣れた人でで20分くらいです。

 

・まずは牛の捕定。頭部さえ繋げばOK。

捕定.jpgのサムネール画像

・第13胸椎と第1腰椎間か第1と第2腰椎間のどちらかで脊椎硬膜外麻酔をおこないます。背骨の中の神経と脊髄の外領域(硬膜外)に麻酔液を注入する方法です。針先が硬膜外にある靭帯を切った微妙な感覚を見逃さないように慎重におこないます。深くし刺入し過ぎると脊椎神経を傷つけ、悪くすると半身不随になってしまいます。2%キシラジン0.6~0.8ml、2%キシロカイン5mlの混合液を3~5秒で注入します。

これで切開部位のみに麻酔をかけることができます。

硬膜外麻酔.jpg

 

・剃毛、消毒をします。

 

 

・手術器具です。オートクレーブで滅菌してます。青いのは滅菌直検手袋、バイアルインジェクターはバイアルに刺入する方を刺して四胃内のガスを抜くのに使います。

手術セット.jpg

 

・覆い布をつけて(ボンドで接着)、切皮します。切開の長さは牛の痩太によりますが、大体15~25cmです。

切皮.jpg

 

・腹腔内の臓器を触診し(肝、腎、子宮、一胃など)、ついで四胃のガスを抜きます。バイアルインジェクターのバイアル刺入針を四胃の頂点に若干角度をつけて刺入します。ガス抜きはブロアーを用いても良いし、自然に抜けるのを待っても良いです。

ガス抜き.jpg

 

・四胃のガスが抜けたら大網を手繰り寄せ、術創に出します。大網の支持組織まで固定用糸を縫いまわし、これを術創の上下部2点に縫い付けます。

大網露出.jpg

 

・あとは閉腹縫合して終わりです。

縫合後1.jpg

書いた人:thms(20101104)