(株)トータルハード マネジメント サービス

質問コーナーQ&A

お問合せ

トップページ > トピックス&ニュース > 2018年度THMSセミナーの質問への回答4

トピックス&ニュース

2018年度THMSセミナーの質問への回答4

・卵胞、黄体周辺の血流量を決める要因は何ですか?

 

卵胞の血流量は、LHサージの発生後エストロジェンの上昇とともに卵胞周囲の血流量面積が急激に増加し排卵に至ります。

 

黄体の血流量は、排卵後、黄体の成長に従い血流量が増加し14日がピークを迎える。これは黄体の成長、プロジェステロンの生産に必要な基質の取り込みとプロジェステロンの放出には必要不可欠な現象であります。

 

血流量の差がでる要因は、飼養管理などで異なると思いますが、分娩後の立ちあがりなどが悪く採食糧などの低下を招き、ストレスやエネルギー不足などが起こる事で、視床下部から放出されるホルモンに障害が起こり血流量に変化がでると思われます。

 

 

・ダブルオブシンクでは1回目に発情が来たらAIするのか?

 

畜主との相談で決めていますが、一回目での発情行動は結構見られますが殆どの農家では授精を行いません。理由は、自主的待機期間(VWP)を決めている事と、受胎性を考え一回目で授精を行うメリットが低いと考えられるからです。

 

・カラードップラ-はいくらか?

定価は420万です。

 

 

・複数卵胞だと判断した牛にF1(和牛)を受精していますが、分娩後の母牛への負担では?次の周期まで待つことはありますか?

 

 従来の授精で双子のリスクとは、ホルスタインのフリーマーチンがでる個体販売のリスク、大きな子牛の双子が生まれる分娩リスク、早期で流産しやすい流産リスクの3つあると思います。複数卵胞に小さな和牛(但馬系)授精行えば個体販売リスクは避けられると思われますが、ご指摘の通り分娩リスクはホルの双子が生まれるよりは軽減できる程度ですので次の周期まで待つ事も良いと思いますが、胎期間をみすみす21日間伸ばすリスクを考えればETを上手く活用する事で解決でき個体販売リスク、分娩リスク、流産リスクも一緒に解決できると思われ、お勧めします。

 

 

・人工授精を受け入れる余裕はありますか?

 

大変申し訳ございませんが、受け入れできる余裕がなくできません。

書いた人:thms(20180516)