(株)トータルハード マネジメント サービス

質問コーナーQ&A

お問合せ

トップページ > トピックス&ニュース: 2012年の記事一覧

トピックス&ニュース: 2012年の記事一覧

忘年会2012

12月某日

THMS恒例の忘年会を開催いたしました!

テーマは『世界の正装』

今年は趣向を変えてイタリアンレストランを貸し切り、仮装ではなく正装に身を包み
優雅なお食事会を開きながら今年一年を振り返ろうと企画してみました

今回はどのような忘年会になったのでしょうか?

IMG_4491.JPG

昨年の忘年会のことを思うと今年は非常に落ち着いた会になっております

今回は中標津にあるイタリアンレストラン「フェリーチェ」を貸し切らせてもらい
とてもおいしいイタリアンを堪能させていただきました

IMG_4489.JPG


イタリアンなのでシャンパンとはいかなかったのですが、まずはスパークリングワインで

乾杯~~



IMG_4476.JPG

まず最初に出てきたのが「なんとかかんとか」とかいう生ハムとかサラミとかの盛り合わせ
(名前は覚えておりませぬ・・・)

ワインによく合う~

IMG_4474.JPG


ピザじゃなくピッツァです!!

ハチミツをかけてお召し上がりください

カルパッチョ.jpg
そして壱岐におはす阿部先生からまさかのサプライズ
『壱岐産鯛のカルパッチョ』
が登場!
この日に合わせてフェリーチェに鯛を送ってくださったそうです
阿部先生
「ご馳走様でした~」

ここで我が社のアイドル明日香嬢の到着!!

菅原サリー.jpg


インドのサリーを身に纏ってまいりました

着付けに大苦戦したようですが非常によくお似合いです!

というかもはやインド人??
IMG_4503.JPG

今回、女性陣は各国の民族衣装を着用し、凝った格好での参加でした。
みなさんとてもよくお似合いです!

それに比べて男性陣は・・・・・・
仮装じゃないという縛りに翻弄されたのか通り一遍のスーツばかりでした。。

IMG_4486photoshop.jpg

IMG_4487.JPGIMG_4523.JPG











IMG_4507photoshop.jpg

IMG_4519photoshop.jpg

さらに企画者側からちょっとしたサプライズも用意!

とも12月25日が誕生日である黒崎夫妻に~~

IMG_4525photo.jpg

IMG_4527.JPG

IMG_4528photo.jpg

おめでとうございます!!


そして集合写真
IMG_4531photo.jpg

今年も残すところあとわずかですが皆様良いお年を!!

来年もTHMSをよろしくお願いいたします!!

書いた人:thms(20121230)

トータルハードマッスル部設立!!

12月に入って一気に寒くなってまいりましたin BEKKAI
すでに何度か大雪もあり、朝晩では-20℃を下回る日もあります。
年が明ける前からこんなに寒くなるのはあまりないようで、今年は異常気象が続いています。

さてさて
1年前、社員の健康維持のため設立されたマラソン部ですが冬の間は寒すぎて走るのは休業。。
代わりに健康維持のために室内でできることはないかと検討に検討を重ねた結果・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓こんなのが届きました↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_4471.JPG

その名も

『キングスセットDX』

愛称『シュワちゃん』



これさえあれば・・・

・運動不足解消、健康増進!

・何かと筋力が必要な診療でも頼られる筋肉Get!

・愛する人をお姫様抱っこできる!!!


と、一つで何度もおいしい神セットとなっております。


ということでトータルハードマラソン部の下部組織としてここに

『トータルハードマッスル部』

を設立することを宣言します!!

IMG_4458.JPG

応援よろしくネ。

書いた人:thms(20121228)

勝手に品評会!(第1回)

皆様、良いハロウィンを過ごしましたでしょうか?

我らが BEKKAI では酪農家さんが家庭菜園でハロウィン用のかぼちゃ(オレンジ色のやつ)を作っているところが多く10月になるといろんな農家さんの前でかぼちゃが転がってます。

↓↓↓こんな感じ↓↓↓

IMG_4373.JPG
img55294497.jpg

定番のジャックオーランタンのように中身をくり抜いてあるかぼちゃはほとんどなく、かぼちゃに何やら顔をペイントしてあるのが多いです。

そこで今回は農家さんに並ぶ歴戦のかぼちゃ達の中でも色良し、形良し、ペイント良しでTHMS優秀賞を受賞した逸品をお披露目したいと思います!



その前にちょっぴり豆知識!

ハロウィンと言えばこのオレンジ色のかぼちゃ(品種はオータムゴールドと言うらしい)です。
アメリカでは中身をくり抜いて、取った中身でパンプキンパイを作ってたのはすでに昔の話。
今は観賞用に品種改良していったためか中身は不味いらしく、パイ用のかぼちゃは缶詰で買ってくるみたいです。。omg!!

英語ではこのオレンジ色のかぼちゃのことをPumpkin(パンプキン)と呼び、
その他のかぼちゃをまとめてSquash(スクウォッシュ)と呼びます。
ので我々日本人が大好きな皮が緑色のかぼちゃはKabocha Squash(カボチャスクウォッシュ)などと呼ばれているみたい。


Kabocha。。。そのまんまかい!!


意外とアメリカ人には「パンプキン!」と言うより「カボチャ!!!」と言った方がおいしいかぼちゃ料理をふるまってくれるのかもしれません(実際はどうなのか全く知りませんが、、)

「カボチャ」自体はポルトガル語のCambojaが由来みたいです。



さてさて
脱線はこのくらいでお待ちかねの優秀賞の発表です!!


KIMG0116.JPG

んん~~~

シュ~~~ル!!



見事大賞を受賞した別海T牧場ではそのうち何か良いことがあったらいいですね!!

(注:すべての農家さんを回ったわけではありませんので我こそはという人がいましたら来年ご一報ください)

ではではまた次回ーー

続きを読む: 勝手に品評会!(第1回)

書いた人:thms(20121107)

鹿肉を食べよう

昨日、とある農家さんから鹿肉をいただきまして、その夜さっそく鹿肉パーティーとなりました。


鹿肉というと肉は硬くて味にクセがあったり臭いがきつかったり・・・
あまり良いイメージがなかったのですが、

もらった鹿肉はまったくそんなことはなく味付けは塩コショウとしょう油少々でとてもおいしくいただきました。

IMG_4362.JPGのサムネール画像
リブとロース!!


これまで知らなかったのですが、鹿肉は高タンパク・低カロリーのヘルシー食材で鉄分も豊富に含まれており中性脂肪を減らしてくれるDHA(青魚に多いやつ)も含まれているのでダイエットに適しているとか。。

日本では消費が少ないですがヨーロッパではけっこう食べられていて高級レストランの「最上」の肉として扱われてるようです(wiki)


本日をもって鹿肉が大好きになりました!
しっかり血抜きされてると全然違うのですね!

後日カレーも作ってみます。




そこのあなた!鹿肉いかが!?



IMG_4365.JPG

IMG_4367.JPG

IMG_4372.JPG


んん~ワイルド~~~


ごちそうさまでした

書いた人:thms(20121025)

時代はクリーンディーゼルへ

世界中のクルマを愛するすべての人に、走る歓びを届けたい。

だから私たちは、環境性能を高めただけのエコカーではなく、

走りとエコを高い次元で叶える、

乗る人の心をときめかせるエコカーを目指す。

・・・・・・

クルマづくりの常識を革新し、

世界中のクルマを愛するすべての人に、

走りたくなる衝動と、走る歓びを。

2012-10-21 16.06.34.jpg


ということで新車が導入されました。

本日より始動!!

書いた人:thms(20121023)

名誉返上、、汚名挽回、、

去る10月7日(日)別海町パイロットマラソンが開催されました。

地元のフルマラソン大会ということで、これまで数々の記録を打ち立ててきた我らが名門トータルハードマラソン部からも部員2人が参加!

参加者:菅原総帥住谷二等兵
スペシャルゲスト:寺内伍長









結果









菅原総帥住谷二等兵
20km地点にて拿捕
(20km地点通過タイムが2時間30分を超えていたためリタイア)

寺内伍長
40km地点にて拿捕
(ゼッケンを回収されながらもゴール地点まで完走:タイム5時間30分)


ヒザを壊して療養中の佐竹軍曹も診療の合間に応援に駆けつけ、まだ匍匐前進中であった寺内伍長に神風特攻を命じたのですが、、、目標まで辿り着けず撃沈
KIMG0113.JPG
走ってるのやら歩いてるのやら・・・
(30km超えたあたりで足が上がらなくなりつつも必死に走ったそうです。前方で歩いてる人にも追いつけなかったらしいですが)


次回は汚名返上・名誉挽回してください。。。


書いた人:thms(20121017)

研修生登場!!

近頃、朝晩はかなり冷え込むようになってきましたね。
今朝は車のフロントガラスがしばれてました。。。

さてさて久しぶりの更新ですが、9月末より当社にて長期(最長1年半くらい?)の研修を行うこととなった研修生に自己紹介をしてもらいたいと思います。



はじめまして、この度
THMSで研修生としてお世話になることになった寺内です。
この春に日本大学の獣医学科を卒業し、知識も技術も伴わずに獣医師免許だけ携えて北海道へやってまいりました。


背景としては、栃木県で実家が大動物診療の動物病院を開業しており、跡を継ぐための修行として酪農王国別海にて勉強させてもらっています。


はじめ4月からの半年間は十勝の農場でお世話になり、酪農の仕事を体験しました。

まず酪農家の現場・立場を知る貴重な経験をさせて頂き、そして現在のTHMSでの研修に至ります。


THMS
の皆さんには知識、技術、そして獣医師としての精神を日々学ばせて頂いています。
真摯に農家さんに向き合う姿勢と、垣間見るユーモアを見習いながら、尊敬できる先生方になんとか食らいついていきたいと思います。


栃木の食の安定と安全を守るための礎をどっしりと築くため、長期の研修となりますが、これからよろしくお願い致します。


寺内宏光


2012-10-04 23.07.56.jpgのサムネール画像


書いた人:thms(20121016)

只今削蹄修行中

夏の道東は気温が安定しませんね。
太陽が出ると一気に暑くなるのに曇ったり雨が降ると少し肌寒くなります。
冬はずっと寒いのですが、、、

さて現在、とある農家さんが自身で農場の牛のフットケアを行うことを目指して当社で削蹄法を学んでいます。

今日はそんな一コマを紹介

IMG_4341.JPG佐竹獣医師と富岡獣医師が見守る中、和やかなムードで始まった削蹄練習でしたが・・・










IMG_4330 (3).jpgのサムネール画像のサムネール画像



次第に鬼の副長(?) にスイッチが入りだし、




IMG_4334 (2).jpgのサムネール画像農家さん
「蹄底はこんなもんでしょうか?」

副長
「どれどれ・・・」



IMG_4335 (2).jpg

副長
「まだまだ削りが甘いわ!!」




などという意味不明なキャッチボールはすべてフィクションで、農家さんは日に日に上達していくのでした。


IMG_4344.JPG
ちょうど実習にきていた学生も試しに一削り

なかなか筋が良さそうで将来は良い蹄病治療をしてくれることでしょう!





書いた人:thms(20120803)

本日は晴天なり!!

牛の痙攣性不全麻痺をご存知でしょうか?
膝関節、足根関節の過伸展と腓腹筋の過収縮を示す疾患です。
 ↓ こんな感じ
スライド1.JPGのサムネール画像
この疾患は遺伝性と考えられており、内科的には治癒することが困難で外科的手法が有効と言われています。
非常に稀な疾患で私自身はこの症状を呈する牛をみたことはないのですが、現在、住谷獣医師がこの症例に出会い外科手術で治療を試みようとしています。

IMG_4281.JPG
 ↑ 斃獣処理場より死体の足を分けてもらい予行練習する住谷獣医師(左)と指導する富岡獣医師(右)

これまで当診療所では手技が確立していなかったため、住谷獣医師が富岡獣医師と共に様々な試行錯誤をしながら、ここ2週間近く毎日遅くまで手技の確立を目指して頑張っています。
(痙攣性不全麻痺の詳しい病態や治療法は後日住谷獣医師が解説してくれることでしょう)

そして本日がその手術日!
きっと成功させてくれるハズです。
今日の天気はあいにくの曇りですが、執刀後の住谷獣医師の清々しい気持ちを考えれば、それはつまり晴れてるってことなんじゃなぁーい??


書いた人:thms(20120730)

なんのために100km走ったかと言うと・・・

今日の夕方難産で呼ばれました。
「子牛のおしりしか触れない」とのこと。
行ってみると予想通り両後肢の股関節屈折でした。プレゼンテーション1.jpg
最初は手を入れても全く飛節まで届かずとにかく胎仔のおしりを斜め上に押し上げて飛節をつかむ。
「よしっ!!」と思ったら今度は飛節が恥骨前縁に引っ掛かり、やっとの思いで左後肢をのばす。

足1本整復しただけで息は上がって汗ダクダク。

もう1本の足を整復するのにもさらに疲労困憊し、整復後はするっと胎仔が出てきて一安心。
と思って子宮に手を入れるとなんともう一頭が肩まで手を入れてやっと指先に届くほど奥の方に・・・
こちらも尾位で、足をつかんでちょっとずつ手前まで引き寄せてきて産科テープをかけて牽引。
双子のわりに大きな子たちでした。

終わった後はどっと疲れがきて吐きそうなくらい気持ち悪かったです。
正直100km走り終わった後よりしんどかった。。。
で、「自分はいったい何のために100km走ったのだろうか」と一瞬思いましたが、

「100km走れたから最後まで体力が持ったんだな」

と前向きに考え直し家路に着きました。

何事も前向きに考えないとね~~

書いた人:thms(20120726)

100kmマラソン完走!!

報告が1か月も遅れましたが、去る624日、第27回サロマ湖100kmウルトラマラソンに出場してきました。
これまでの人生で2年前に1度だけハーフマラソンに出場したっきりだった私がフルマラソンも経験せずにいきなり100kmを走ることになったきっかけは強靭な精神力や根性を身につけたかったとかそういう前向きな理由ではなく副社長に出場するよう命じられたからであります。
「ゴールで握手しよう!」とかなんとか言いながら一緒に出場登録したところまでは良かったのですが私に敗れるのに恐れをなしたのか膝が痛いことを言い訳に出場を取りやめた副社長をよそに大会に向けて細々と練習していました。
大会当日は小雨が降りしきる中、朝5時にスタートし8時ごろまで雨に降られましたが気温が上がらなかった分走りやすかったようです。完走率もここ数年では最も高く75%を超えていました。

 

私はといいますと、スタートから中間地点(55km)まではキツさを感じず、ペースが同じくらいの人(極力女性を探しましたが)を見つけてはその人をペースメーカーにして颯爽と走ってました。

 

そういえばマラソン大会の何が良いって「一人じゃない」ってことだと今回心底思いました。練習中は常に一人ですし、しんどくなるとすぐに心が折れて歩いていましたが、大会では一緒に走ってる老若男女、エイドで応援をくれながら給水、給食してくれるボランティアの方々、路上で温かい声援をくれる観客の方々。。。本当にたくさんの人達が私の心の支えになりました。白髪の老人が颯爽と私を追い抜いて行くと俄然やる気負けん気が出てきましたし、エイドのボランティア、特に地元の学生と思しき子たちが元気よく応援してくれるのもうれしかったです。ハイタッチを要求してくる子たちもいましたが私はどこか恥ずかしくて手を出せませんでしたが。

 

中間地点を過ぎてからはガクッとペースが落ちました。60kmから80kmの間は特に地獄で、足は痛いけど一度立ち止まると次に走り出すのがかなり大変なので無心で走り続けた感じです。この区間では同じくらいのペースの人にもついていくことができずエイドや路上で応援してくれる人達が頼りでした。

80kmを過ぎてからは「もう歩いても制限時間内にゴールできるやん」と何回も思いましたがここまでの頑張りを無駄にしたくなかったですし、副社長の鼻も明かしたかったのでただただひたすらに足を前に出し続けました。

ラスト2kmからはラストスパートをかけたランナー10人くらいに一気に追い越されていき、「なんでこの人らそんな体力残ってんねん」と唖然としつつ最後はふらふらになりながらついにフィニッシュ!!

 

11.jpgのサムネール画像のサムネール画像

タイムは10時間34

 

大満足の結果となりました。

ゴールの後は歩くことすらままならないくらい足の痛みがどっときたので、やはり途中で歩かなくて良かったのだと思います。

今回の100km完走はこれまでに感じたことのない達成感を覚えました。ただなんで自分がこんなに頑張れたのかは本当に不思議です。が、「やっぱり自分はやればできる子なんだな」と心底思いましたし、今後の自信につながってくれれば思います。もうあんなキツイ思いはしたくないけど。。。

saromaのコピー.jpg

 

後日談

私の100kmの記録は副社長が去年走ったタイムより30分くらい早かったようで散々負け惜しみを言われました。

「おれが君くらいの年齢の時はもっと早く走れた」とか

40歳になってもおれの記録に勝てれば認めてやる」など......

副社長、頑張ってください!!

 

書いた人:thms(20120725)

福郎 飛び去る

さて、拾ったフクロウくん・・・いや福郎くん。。。

その日は 「止まり木付き豪華段ボール住宅」 による最高の暗闇と暖かい部屋での一夜を過ごしました。

翌日知り合いから聞いた野生鳥獣の保護をしている人に連絡をとってみようと思っていたのですが、、、

朝にはすっかり元気を取り戻したようで、ガサガサと箱の中で動き回っている様子。

これならもしかしたら飛べるかも?と思い、嫁と5歳の次男立会いのもと外で オープン ザ ボックス!

箱のふたを開けるとピョンと箱のふちに立ち、クルクルっとまわりを見渡したとおもったらバサバサと羽をはばたかせて飛びました!

やった!福郎、おめでとう!

羽には怪我はなさそうだね、良かったぁ。。。元気でね~!

そのまま20メートルほど飛んで梢にとまり、こっちを気にして見ています。

「そうかい、そうかい。一宿一飯の恩義を感じて名残を惜しんでいるんだね」 と勝手な解釈。

よかったらうちの裏の森の住人になってもいいよ。

P1010448.JPG

 どこにいるかわかりますか?けっこう迷彩色なんだね君は。

ということで福郎は元の自然に返りました。。。めでたしめでたし・・・。

・・・っていうか、フクロウが飛び去った ということは 福が去った ということ???

しまった!まだ宝くじ買ってね~し!!!

まだ間に合うかも?ってことで急いで東部サウスヒルの宝くじ売り場へ ダッシュ!

グリーンジャンボの当たりそうなところを購入し、ついでにナンバーズ4も!

ナンバーズ4の番号はもちろん 「2960(ふくろおー)」 で決まりさ!

 

翌日

ナンバーズの抽選の結果は・・・全然カスリもしなかったとさ(涙)

とほほのほ・・・いやっ!まだグリーンジャンボがあるぜよ!

書いた人:thms(20120217)